福岡県朝倉市杷木地区の被害状況の調査および三和小学校、夜明公民館を再度巡回し、各避難所の現状確認を行ないました。三和小学校体育館では、現在70名弱が避難、食料や飲み物などの物資が届きはじめました。環境は扇風機3台のみ、冷房無し、洗濯機無し、家庭用冷蔵庫2台あり、マットレス無し、体育マットを30名程が利用(衛生的にも問題)、自衛隊のお風呂は夜明地区へ移動したためお風呂無しなど、熊本地震を思い出すような体育館の避難所状況でした。

夜明公民館では、現在20名弱が避難(長期避難になる見込み)、自衛隊のお風呂が到着、冷蔵庫あり、洗濯機あり、エアコンあり、マットレス無し(コンクリート床に毛布を敷いて寝ている)、食料は必要数のお弁当あり、飲料水あり、その他物資は無し、ちょうど車に積んでいた分の下着や靴下などを提供しました。
いずれも環境は整っていませんが、避難所を管理されている方も避難者も、時に涙を流し時に大声で笑い、がんばっている様子でした。

朝倉市杷木地区の被害状況
全面通行止めも多数あります。ナビ通りに進んでも流木の山で塞がれていたり、途中から道が崩落していて泥川になっていたりしますのでお気をつけ下さい。
日田市も朝倉市も災害ボランティアセンターが開所されています。これから多くのボランティアが必要となってくると思います。避難所等の情報は多くの団体で共有できていますが、自衛隊や専門的な活動の地域を除いても、被災家屋や流れて来た大量の砂やガレキの撤去などはとても深刻です。また、在宅避難者も多く支援の手はまだまだ届いていない様子です。

 

■Instagramでは、日々の活動写真を掲載しています
https://www.instagram.com/bulby_jp/

■動画での報告一覧は、ホームページやYoutubeでもご覧になれます
https://www.youtube.com/cha…/UCm8YWj0_TwDmmv4NxdAeQXA/videos

■バルビーは、災害時の緊急支援から平時は地域づくりを実施している団体です。被災地ニーズに迅速に対応できる支援を継続するためには、みなさまのご協力が必要です。ご支援よろしくお願いします。
http://bulby.net/donations/