御船町 1/23
御船町からの相談があり、行政、社協と同行で全壊家屋で生活を続ける世帯を訪問しました。家屋の状況は生活するには大変な環境でした。全壊家屋で壁は落ち屋根は歪んでいる状態。すきま風はひどく、この時期には厳しい環境。お風呂は屋外に浴槽のみを置かれていて簡易的にブルーシートで囲んでありました。お湯は庭の即席かまどで鍋で沸かして手作業で浴槽へ。外の蛇口からホースを伸ばし分岐して浴槽とキッチンで使用されています。ご飯を食べたり寝たりする場所は、6畳程度のリビングのみ。ここで全ての生活をされています。

このような世帯はここだけではなく各市町村にもおられます。しかし支援の押し付けはできません。各市町村の行政、社協と協力し、今後の支援につなげていきたいと考えます。

 
■Instagramでは、日々の活動写真を掲載しています
https://www.instagram.com/bulby_jp/

■動画での報告一覧は、ホームページやYoutubeでもご覧になれます
https://www.youtube.com/cha…/UCm8YWj0_TwDmmv4NxdAeQXA/videos

■バルビーは、災害時の緊急支援から平時は地域づくりを実施している団体です。被災地ニーズに迅速に対応できる支援を継続するためには、みなさまのご協力が必要です。ご支援よろしくお願いします。

募金受付