2019年九州北部豪雨災害 8/30
昨日より被災状況の把握と対策会議での情報共有のため佐賀県に入っています。本日は、国道34号線を武雄市から大町町に進みながら住宅への道路を右に左に入り小城市まで状況確認を行いました。豪雨が収まっていることもあり氾濫して溜まっていた水はだいぶはけていたところがありましたが、まだ水が溜まったままで流れ出た油を取り除く活動をされている集落もありました。被災した家財の運び出しなど地域の住民が協力し合い屋外へ出されている風景も多く見られました。状況が把握されていない地域もありまだ今後どのような支援が必要か検討が必要です。
災害ボランティアセンターの開設が順次始まっていますが、まだ制限がある状態です。(市内在住者や事前登録制など)
熊本での仮設住民への支援活動もあり明日の福岡県および佐賀県の会議には参加できませんが情報共有を行いバルビーにできる支援の検討します。

以下、各サイトのリンクを共有
http://bulby.net/2019/08/28/kyusyuooame/

「避難所マップ」
「Map of evacuation centers」

「にじいろ防災ガイド」PDFダウンロード
「Rainbow Disaster Risk Reduction and Management Guide」

「ランゲージワンの多言語コールセンターサービス」
「LanguageOne Multilingual telephone information center during natural disasters」

【BULBY】

支援活動を継続するためにご支援ご協力お願いします。
http://bulby.net/donations/