【令和元年8月豪雨災害佐賀県緊急支援】

佐賀県の災害ボランティアセンター等への物資搬入 9/15
熊本県社協、熊本市、KVOAD、佐賀県社協の連携し、各所で必要な物資のニーズを聞き取り調整、調達、搬入を継続しています。多くは災害ボランティアセンターで活用される大量の軍手、Tシャツ、タオル、大判ウェットティッシュ、熱中症対策のための帽子、不足しているドリンク類など様々な必要物資を搬入しました。

帰りが夜中になってしまう事もありますが、熊本からの支援団体と高速のパーキングで情報共有したり今後の支援や連携についてを話す機会もありました。フェーズも変化しつつあります。被災者ニーズ、災害ボラセンの動き、NPO等支援団体の活動内容など注視しながら今後も必要な支援を継続します。

【BULBY】
支援活動を継続するためにご支援ご協力お願いします。