人吉市災害ボランティアセンター 団体専用拠点運営サポート
【令和2年7月豪雨緊急支援】
20200726

西原村や益城町からのボラバスなど熊本地震の恩返しをとたくさんのボランティアが活動されました。被災家具の搬出や泥出しを終え、大量の汗と泥だらけの姿ですが笑顔で「また来るから」と見送る私たちに手を振って帰られます。
感謝(ノω・、)+゚*。:゚

大柿は甚大な被害を受けているが、区長自ら全住民宅を訪問し避難を呼びかけ1人の死者も出なかった集落。現地に入る一般道路は、災害ゴミで片側が埋め尽くされ車がすれ違うことが困難。災害ゴミの撤去は進んでいない。災害ボランティアセンター拠点を設置したが、センター自体も被災しており泥の撤去から始めている。電気も水道も復旧していない。多くのボランティアは来所しており住民と共に活動している。

バルビーでは、これまで各地の災害支援において、災害ボランティアセンターサテライト運営、物資や資機材のロジ、被災地ニーズ調査、避難所アセスメント、仮設団地自治会運営サポートなど様々な経験を活かして、報道や情報が少なく支援の手が必要な地域での活動を想定しながら支援を継続します。

 

 

▼県外からの支援「寄付」で応援
▼youtubeチャンネル登録よろしくお願いします
▼私たちのインスタグラムをフォローしてください
▼滅多にツイートしない