人吉市災害ボランティアセンター
大柿拠点サポート
【令和2年7月豪雨緊急支援】
20200801
 
 
 
本日は猛暑日となりました。この暑い中、人吉市災害ボランティアセンター大柿拠点ニーズを多くのボランティアさんに対応していただきました。みんな泥だらけで大量の汗をかいて、被災家具の搬出や泥出し、困っている被災者のために活動されました。熊本地震の恩返しだったり、地域に思い入れが合ったり、グループ活動、他市町村からの協力、企業や学生のボラバス、地域の親子参加などなど様々な参加でボランティアによる復旧作業が成り立っています。
感謝感謝(ノω・、)+゚*。:゚
災害ゴミで車がすれ違うことも困難だった道路も3分の1程度は搬出されました。大柿拠点では、ボランティアの受け入れを行いながら被災した拠点自体の環境整備も同時進行です。
 
 
これまで各地の災害支援において、災害ボランティアセンターサテライト運営、物資や資機材のロジ、被災地ニーズ調査、避難所アセスメント、仮設団地自治会運営サポートなど様々な経験を活かして、報道や情報が少なく支援の手が必要な地域での活動を想定しながら支援を継続します。
 
 
▼現地に行けなくても「寄付」で支援
▼youtubeチャンネル登録よろしくお願いします
▼私たちのインスタグラムをフォローしてください
▼滅多にツイートしない