令和2年7月豪雨災害支援

2021.02.15-2021.02.20

 

 
●火の国会議(毎週火曜日開催)
●益城町木山仮設サロンから豪雨被災地へ
●倉庫管理(要請対応のための物資仕分け)
 
●球磨村地域支え合いセンター運営支援
県の緊急事態宣言が予定より早めに解除され、センターには多くのお問い合わせや、支援活動申し出があっています。球磨村は、感染者が報告されていない市町村のひとつです。急に多くの人が集まることを不安に思われている住民さんもおられ、これからも万全な対策が必要です。
支え合いセンターにも被災者ニーズにすぐ対応できるように相談員さんと打ち合わせながら物資を搬入しています。また様々な物資も届いており、被災された方々に迅速に確実にお届けできるよう仕分け(サイズ別、種類別などの分類)や管理も大事な業務となっています。
 
●球磨村災害ボランティアセンター運営支援
緊急事態宣言解除に伴い休止していたボランティア活動が再開です。解除後の体制やニーズについて運営スタッフミーティングを重ねており、ニーズに合わせて活動します。
 
 
 
※「熊本県独自の緊急事態宣言」の解除に伴いボランティアセンターおよび地域支え合いセンターでは、ボランティア・支援活動等が再開しています。募集範囲などの詳細は各地域に確認が必要です。住民さんを感染症から守りつつ支えるため、引き続き万全な感染予防対策を行いましょう。
 
 
▼令和2年7月豪雨関連(被災地の先遣・現状・活動)これまでの動画報告
Heavy Rain Disaster of July, 2020
past report
 
Response to Heavy Rain Disaster of July,2020
Feb.15-20, 2021
 
-Various meetings for collaboration
 
-Procurement and distribution to respond to the needs of the affected. Management of the warehouse.
 
-Kuma Village Volunteer Center
Preparing to restart voluntary activities to support the affected residents. Staff meeting to discuss the details of operation.
 
-Kuma Village Support Center for the affected
BULBY is working with Kuma Village Social Welfare Council for its operation, supporting the staff, community organization, volunteer management, etc.
 
。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚
   
 
▼youtubeチャンネル登録よろしくお願いします
 
▼インスタグラム(更新が追いつかない)
 
 
▼滅多にツイートしない
▼現地に行けなくても「寄付」で支援できます