仮設等および地域住民交流支援
益城町木山仮設団地
2021.10.17
 

 
●益城町地域支え合いセンターより要請があり木山仮設団地にて交流イベントに参加してきました。地域支え合いセンターを中心に現在も支援を継続している関係団体、地域の農家の皆さんが様々なブースを用意して、今でも仮の生活をされている仮設住民さん、退去して災害公営団地に移られた住民さん、周辺地域の住民さんを迎えることができました。
 バルビーでは、塩バターポップコーンを提供しながら、生協くまもと&バルビーのお菓子の詰め合わせを全員に配布させていただきました。
 参加された方からは「コロナでしばらく何もなくて寂しかった」「みんなと会えるこういう機会があると安心する」という声が聞かれました。
 
 
 熊本地震から長期復興支援途中の新型コロナウイルス感染症や令和2年7月豪雨発災と県内は被災市町村が多く存在します。現在も支援活動を継続しているNPO等支援団体は少なくなっているものの、行政・社協・NPO等の協働、複数団体の連携した支援活動など信頼できる協力体制が強化されていると感じています。今後も被災した市町村地域支え合いセンターのサポート、被災された方々への支援、被災により浮き彫りになった様々な課題などに向き合い支援を継続します。
 
 
 
 
Oct 17, 2021
Interaction event in Mashiki Town
 
Residents in the last temporary housing site in town and those who used to live there, people temporarily living in apartments in and out of town, residents near by were invited to the event organized by the Support center which has been continuously supporting residents affected by the earthquakes in 2016.
 
We also joined and enjoyed the time with staff and residents. It has been very difficult to hold interaction events due to COVID-19 for a long time. Finally!!
。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚
   
 
▼youtubeチャンネル登録よろしくお願いします
 
▼バルビーFacebook
   
▼インスタグラム(更新が追いつかない)
 
▼滅多にツイートしない
▼現地に行けなくても「寄付」で支援できます